姫野🐦優実 *猫の足音。*

子供の頃からのオリジナルの歌曲と詞を格納&紹介。 天から戴いた歌でほんの少しのあいだ寛いで戴けたら幸いです。。🌠 ぜひ「音源付き」カテゴリーからお聴き下さい。🍀🐦👼🐾

24才にもなって

 

 

楯突きもした

社会に揉まれた

なにが大切か わからなくなる思い した

 

君がいた

君が 笑った

ただそれだけで 僕は生きてた

 

どうしても捨てられないものを

捨てずにいるのを 咎められるけど

ほんとは いけないことじゃないのを

ほんとは 誰もが知っている

 

24才(にじゅうよん)にもなって

僕は未(ま)だ 人生を見つけられないよ

人生を見つけられなくて、ひとり―

 

10年前 あの日あの時に

感じたことが 未だ

心の奥 流れていて

僕は とどまるところを 知らない―

 

 

愛してきた

叩かれもした

信じることに くるしみも した

 

君がいた

君が 泣いた

ただそれだけで

僕は 走った

 

どんなにか かなしい思いさえ

糧になる筈の痛みさ きっと

僕に 乗り越えられないことなら

僕に 与えられたりしないだろう

 

24才にもなって

僕は未だ 人生を見つけられないよ

人生を見つけられなくて、ひとり―

 

10年前 あの時

君がいた

君は 未だ 心を流れていて

汚(けが)れ 知らずにいる

こんなに 汚(よご)れても―

 

 

行方追う度に

夢を駆け抜けた君の やさしさを

胸に 抱きしめて

 

一晩中 夜空見上げてた頃の

誇りと 痛みを

今のために 照らそう

 

 

24才にもなって

僕は未だ 人生を見つけられずにいる

叫びたくなるこの思い

今、伝えよう

 

やっと見えてきた矛先は

遥か果てしなく遠く見えて

人生の 長さと短さ かみしめる

 

溢れる 瞳

 

意志と希望とかなしみに満ちた瞳は

愛情を謳うだろう

真実に しなやかに

 

夢の鍵を 忘れた人に

 

 

 

  「24才にもなって」 24才時の作品。

 

   (楽曲、後日に添付。音を重ねられる機材を入手次第。)